Yahoo!トラベルに旅のしおり作成サービスガーリップ登場

解決済みの質問

解決済み

帰化、永住資格に関する質問です。 私は18歳のベトナム人です。 両親...

帰化、永住資格に関する質問です。

私は18歳のベトナム人です。
両親ともにベトナム人で難民で日本に来て、こちらで私を生みました。それ以来18年間日本で暮らして居て、両親は別れ母子家庭 で弟が居ます。

母は永住資格ではなく定住者でベトナムのパスポートがあるのですが私と弟は再入国許可証で日本-ベトナム間しか行き来できません。

私はこの先も日本で暮らしたいと思っているのですが、日本国籍を取得するにはどうすればいいでしょうか、今のままでは外国にも行けなくて毎年定住の更新に行かなければいけません。


母は日本に来て20年以上経っているのですが永住資格が取得できませんでした。

私はいづれ大学に進学して留学したいと考えているのですが今のままではどうすればよいかわかりません。


あと二年待たなきゃだめでしょうか?又、永住資格だけでも取得できないでしょうか?


よろしくお願いします。

補足
回答ありがとうございます。

父と母は日本で出会っているので共に難民です。収入は乏しいですが一応会社に務めています。

毎年と言いましたが、母に聞いたところ三年らしいです。

母はパスポートを再取得したそうで、日本に永住する気はないそうです。

私と弟だけ取得することは可能でしょうか?
  • 質問した人:wooomanizer007さん
  • 質問日時:2012/7/3 18:10:42解決日時:2012/7/10 18:10:42
  • 回答数:3閲覧数:410お役立ち度:0点(5点満点中)
  • ソーシャルブックマークへ投稿:
    • Yahoo!ブックマークに登録
    • はてなブックマークに追加
    • newsingに投稿
    • Buzzurlにブックマーク
    • Choixにブックマーク
    • イザ!ブックマーク
    ソーシャルブックマークとは?

ベストアンサーに選ばれた回答

「毎年定住の更新に行かなければ行けません。」とありますが、現在「定住者」(1年)をお持ちということでしょうか。

であるならば、少なくとも「定住者」(3年)の取得ができてからでないと、永住申請を行うことができません。

状況からすると(あくまで想像ですが)、お母さんはいわゆるインドシナ難民として来日したのではなく、インドシナ難民であるお父さんが来日した後に、ベトナムで婚姻したのではないでしょうか。

そしてお母さんはインドシナ難民の家族として来日して「定住者」をもって在留を開始したところ、それから何年かして離婚して母子は引き続き「定住者」として在留している。そしてお父さんはとっくにベトナムに帰ってしまっている。

間違ってたらごめんなさい。しかし上記であればよくある話です。

インドシナ難民に付与される在留資格は「定住者」であり、その配偶者にも同じく「定住者」が付与されます。在留資格の種類は同じですが、その性質はやや異なります。

インドシナ難民自身はまさに難民としての保護を目的に本邦での在留が認められているわけですが、その配偶者については、言うなれば「定住者の配偶者」なので、日本人の配偶者や永住者の配偶者と同じく、他方配偶者に異存した在留資格です。

したがって、日本国内での夫婦の同居実績がとぼしかったり、離婚したりすると、在留の根拠を失ってしまうわけです。もっとも本邦への定着の度合いによっては引き続き「定住者」の更新が認められる余地はあります。しかしここもややこしいところですが、「定住者」の更新といっても、実情は配偶者としての活動をすでに行っていないことから、活動内容の変更を伴う更新申請ということになります。

ですので同じ「定住者」であっても、「定住者の配偶者」という内容から、「法務大臣が個々に認めた活動」(告示外定住といいます。)への活動内容の変更があったことになります。

そう考えると、離婚後に告示外定住として許可された「定住者」を取得してから5年程度の在留歴があり、かつ、直近3年間に十分に余裕のある生計を営めていた実績がなければ永住が不許可となることは十分に考えられます。

仕事が定まらない、非正規労働である、収入が著しく低いなどの事情はやはり永住審査には影響があります。そしてもし生活保護を受給していたのであれば、原則として永住が許可されることはないと言えます。

質問文を字句どおり解釈すると、親子3人が現在も「定住者」(1年)であるように読めます。もし20年も日本にいてもなお1年の在留期間しかもらえないのであれば、それは永住申請どころではなく、「定住者」としてもとても不安定な状況にあるといえます。

質問者さんと弟さんが就職すれば劇的に状況が改善する余地はあるでしょうが、それまではなんとか現状維持で小刻みな更新を繰り返すしかないのかもしれません(入管もここにいたって母子の在留を否定することはないでしょうから)。

2012年7月9日の改正入管法施行に伴い、「みなし再入国許可制度」というものが始まります。これは一定の条件のもと原則として再入国許可を不要とするものですが、再入国許可証をお持ちの方については、みなし再入国許可制度の適用はありませんのでご注意願います。

いろいろと不便に感じることも多いとは思いますが、「定住者」でも問題なく大学に進学できますし就職もできます。がんばって大学を卒業した後に永住申請なり帰化申請なり、自らの意思で手続なさるのがよろしいかと存じます。

では困難なこともございましょうが、どうぞがんばってください。

この内容が不快なら

  • 回答日時:2012/7/3 19:20:16
  • 回答した人:kaikokusaiさん

質問した人からのコメント

皆さん本当にありがとうございました。
本当に助かりました。
とりあえずは永住資格を取得しようと思います。

今回とても迷ったのですが、こちらをBAに選ばせて頂きました。

本当にありがとうございました。

コメント日時:2012/7/4 16:34:01

ベストアンサー以外の回答

表示順序:
回答日時の
2件中12件を表示
  • 再入国許可証があれば、たいていの国には行けますよ。ただし、行き先の国から事前にビザを取得する必要があります。ビザは、シールだったりスタンプだったりするのですが、再入国許可証の中のほうのページに貼ってもらえます。

    日本国籍があれば、ビザを取らずに行ける国がたくさんあるのですが、ベトナム国籍で、しかも「難民」という立場だと、海外旅行が終わった後にあなたが本当に日本に戻れるのかどうか、旅行に出発する前に審査が必要になるのです。

    例えば、アメリカに観光に行きたいと思ったら、東京、大阪などにあるアメリカの大使館か総領事館で観光ビザを申請します。留学ビザだったら、まず留学先の学校に入学許可をもらって、ビザ申請はその後になります。

    こうすれば、「定住者」のままでも海外旅行や留学には行けます。ただし、留学先で勉強が忙しかったり、たまたま病気になってしまったりして、在留期間更新の時期に日本に戻って来られないことがあるかもしれません。そうすると、日本に住む権利を永久に失うことになります。これは、日本の国籍を取らない限り解決しない問題なのですが、とりあえず永住許可まで取っておけば、期間更新が不要になる分、ずいぶん楽になると思いますよ。

    この内容が不快なら

    • 回答日時:2012/7/4 07:12:53
    • 回答した人:labradorsumさん
  • パスポートを取得できない状況がどう影響するのか私にはわかりません。

    取り敢えず、定住者3年を持っていて5年以上日本在留歴があれば永住許可申請はできるはずです。入国管理局へ。

    帰化申請は20歳以上でないとできません。
    法務局戸籍・国籍課へ電話予約してから相談に行ってください。

    この内容が不快なら

    • 回答日時:2012/7/3 18:24:24
    • 回答した人:chakchikchekさん

「旅の知恵袋」はYahoo!知恵袋の「地域、旅行、お出かけ」カテゴリとデータを共有しています。質問や回答、違反連絡、ベストアンサーへの投票、また質問の補足や回答の編集はYahoo!知恵袋で行えます。 ヘルプ Yahoo!知恵袋ヘルプ

Yahoo!知恵袋

  • 回答受付現在、回答を受け付けている質問です。
  • 投票受付ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問です。
  • 解決済み質問者、または投票者によりベストアンサーが決定した質問です。
  • 知恵コイン質問者が設定した知恵コインの枚数です。ベストアンサーの回答者へ贈られます。