Yahoo!トラベルに旅のしおり作成サービスガーリップ登場

解決済みの質問

解決済み

肩ぐらい貸しますか?(笑)

肩ぐらい貸しますか?(笑)うちの母親の体験記です。

仕事帰りの電車での事。
座っていた母のとなりに、旅行帰り風の荷物を持った
女性が座ったそうです。

どうやら疲れているらしく、女性はすぐに眠ってしまった
そうなのですが、案の定、少しずつ頭が母の肩にのって、、、
しまいには熟睡してずっしりと重くなってしまったそうです。

下車まではまだしばらくあったし、第一方が重い!と
思った母が、我慢できずに肩を「くいっ」とずらしたそうです。

するとそれで目が覚めた女性が母をにらみつけたので、
母が「重いですよ」と言ったところ、、、

「いいじゃん!肩ぐらい貸したって!」と怒鳴られたのです!
あまりにショックに母は何も言えずにいると、その女性は
反対の椅子に座ってまた眠ってしまったとの事。

母は困惑していましたが、話を聞いて私は笑ってしました!
どんな女性なのか見てみたくって。

でも母には同情します。70近いおばさんのハートは傷つていましたよ。

そこで皆さんも電車内で起きたびっくりエピソードを教えて下さい。
母に見せて、母にも笑ってもらいたいと思います。

  • 質問した人:*****さん
  • 質問日時:2013/6/8 18:57:10 解決日時:2013/6/22 18:57:10
  • 回答数: 3 閲覧数: 621,066

ベストアンサーに選ばれた回答

それでは、傷ついたお母様を慰めるネタを。

今から20年以上前、姫路発・米原行か、まぁその辺は忘れましたが、神戸から大阪へ向かう快速電車の車内でのできごと。
私は神戸市内の駅から乗車しましたが、そこで社会の敗残者風のみじめなおっさんが、急に目覚めて一人でくだまき始めました。

中国地方の訛りのあるおっさんでしたが、夜逃げでもして大阪の釜ヶ崎にでも日雇い仕事を見つけに、普通列車を乗り継いできたのでしょうか。
神戸あたりから乗ってきた、おしゃれな女性や幸せそうなカップルをニラミつけては
「おい!こら!てめぇ!バカにするんじゃねーぜ!」などとわめき始めたのです。

当然、全員シカト。
そのなかで、そのおっさん一人、さらにいい気になってわめくのでした。
やがて電車は、かの、芦屋駅に到着しました。
まさに芦屋、という感じの、身ぎれいな人たちが何も知らず乗ってきたのですが、中でも身ぎれいな若いママと良い身なりの男の子が勘にさわったらしく
「やい!芦屋夫人、ってか! 金持ちがいい気になりよって。金持ってると思って、いい気になるなよ!コラ!」
などと、今まで以上にヒートアップ。

しかし相手に可愛いい子供さんが居たので、車内はにわかに殺気立ち、私をはじめ、数人の若者は
もし子供に手を出したらぶっとばしてやるぞコラ、といわんばかりの形相でそのおっさんを睨み付けた、まさにその時。

その可愛い男の子が、無邪気にこう言いました。
「おっちゃん、そんな事ないよ。うちのお母さん、いつもお金が無いお金が無い、って言って困ってるもん」

車内は、思わずみんなが声を出して笑ってしまい、とたんに空気が和みました。
そのおっさんは、その時我に返ったようになり、急におとなしくなりました。

やっぱり子供は世の宝、天使ですねぇ。

その子は、今きっと好青年になっている事だと思います。

この内容が不快なら

  • 回答日時:2013/6/12 01:43:41
  • 回答した人:*****さん

ベストアンサー以外の回答

表示順序:
回答日時の
  • コレは笑えるかは不明ですが・・・。

    今から30年ほど前、私が20代だった頃のことです(なので時効ですよね)。

    当時私の実家が東京、住んでいた会社の寮が神奈川県の杉田、と言うところでした。なので、実家から帰るときは、渋谷で東急東横線の「急行 桜木町」ゆき(今は無いですが)に乗って、横浜で京急に乗り換えました。

    とある日曜日、いつもの通り渋谷で1本急行を見送って、空いた急行の座席に座りました。左右とも男性客(当時30代くらい)でした。

    中目黒で左横の男性が下車、私の前に立っていた10代終わりかな、20代になったばかりかなと言う若い女性が座りました。

    そして間もなくこっくりこっくり始めたんです。前後にではなく左右に。

    そして右肩が私の左肩に引っかかって、最初の数駅は、この状態でした。ところがある駅の発車時のショックで女性の右肩が私の肩から外れたら、そのまま私の左肩に頭を乗せて、まるで彼氏の肩に頭を載せて居るみたいな格好で寝始めたのです。しかも爆睡。揺らしても起きないのです。

    立っているカップルの女性が指で差して、彼氏と何か言ってるし。コレが本当の恋人が寝てるなら重いなんて思わないのですが、他人となると何とも恥ずかしいやら、重いやら。

    結局降りる横浜駅直前になってもまるで爆睡したまま。このまま桜木町まで行くわけにもゆかないので、そっと肩をずらして起きないように外したら、その女性、そのままの格好で横浜駅を発車して行きました。

    後で思い出して笑ってしまいました。

    若い頃の経験でした。

    この内容が不快なら

    • 回答日時:2013/6/8 20:05:25
    • 回答した人:*****さん
  • ヘッドホンの音漏れが煩いと注意をしても、音量を下げないゆとり世代
    プライドだけは天よりも高くて、内面が追従していない若者
    そして攻め立てると不貞腐れる。

    「次で降りるから」 ←何様だ

    「下げましたよ」 ←全く下げていない

    「気にし過ぎ」 ←アホかお前は

    注意したら場所を替え、再び音漏れさせる奴も居る。 ←屋根に乗ってろ

    全て違う人物です。



    「肩くらい貸してくれても・・・」
    この返答は、これしか無い
    「じゃ、いつ返す」

    この内容が不快なら

    • 回答日時:2013/6/8 19:21:56
    • 回答した人:*****さん

「旅の知恵袋」はYahoo!知恵袋の「地域、旅行、お出かけ」カテゴリとデータを共有しています。質問や回答、違反連絡、ベストアンサーへの投票、また質問の補足や回答の編集はYahoo!知恵袋で行えます。 ヘルプ Yahoo!知恵袋ヘルプ

Yahoo!知恵袋

  • 回答受付現在、回答を受け付けている質問です。
  • 投票受付ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問です。
  • 解決済み質問者、または投票者によりベストアンサーが決定した質問です。
  • 知恵コイン質問者が設定した知恵コインの枚数です。ベストアンサーの回答者へ贈られます。